人格尊重
1.建学の理念 人格尊重

リハビリテーション医療の対象となる人たちは何らかの障がいのある人たちであり、この人たちに対する人格の尊重がなければ、良い医療はなりたたない。「最高の医療は患者のために最善を尽くすことである」との強い信念のもと、本校は勝浦の地で開校した。以後、「人格尊重」が本校の建学の精神・教育理念として受け継がれ、本校のリハビリテーシヨン教育の基本理念となっている。
 

2.教育目標

(1) リハビリテーション医療を担う専門職として必要な知識と技術の習得を図るため、精選し、かつ充実したカリキュラムの編成ときめ細やかで柔軟な個別指導を徹底する。また3年制専門学校の特長を生かし、最短の年限で、国家試験合格を目指し、質の高い医療専門職としての理学療法士及び作業療法士の養成をおこなう。
(2) 臨床の場での豊富な臨床実習などをとおして、専門分野に不可欠な専門的技術や技能とともに人とのコミュニケーション能力や協調性などを培うなかで、即戦力となる実践力ある人材を養う。
(3) 著しい進歩や発展をみせ、高度化・多様化する保健医療分野を担う探求心と向上心を備えた人材の育成に努める。
(4) 理学療法や作業療法の対象になる方々を支え、共に共感できる人間愛に満ちた理学療法士及び作業療法士を育成することをとおして、広く社会の医療・福祉に寄与できる人材を育成する。



3つのポリシー