作業療法学科
昼間部 3年制 [定員40名]
取得資格 作業療法士国家試験受験資格
教員紹介
先生より、作業療法士を志すあなたに。

メッセージ
作業を通して人を理解する人になろう
人とこころと作業の関係という視点から他者を理解してゆくことを共に学んでいければと考えています。こころに障がいのある方が主体的に参加できる社会を目指し共に考え実践できる作業療法士を目指しましょう。
教育指導課 課長学科長 岩朝 利雄
障がいをもった人を
支えたい
心の病になったというだけで、生まれ育った家に帰れなくなった多くの患者さんと関わってきました。作業療法士は、障がいを持った方に寄り添い、自分らしい生活を取り戻せるように支援できるやりがいのある仕事です。
教育指導課 係長
学科長補佐

森口 智恵美
人との関わりを通して
自分も成長していける
作業療法では対象者の生活の場に関わる機会が多くあり、経験を通して人とのつながりの大切さも学べます。作業療法士は対象者が生活で何に困っているかを見つけ、改善する為に関われるやりがいのある仕事です。

教育指導課 主任

小林 温子
作業療法士は生きる力を
支えるスペシャリスト
作業療法士は、病気や障がいによって妨げられた生活を再構築していくことを担っています。食事を摂る、入浴するなどの日常的な行為に加え就学や就業、余暇活動など、「その人らしく生きる」ことを支える仕事です。

教育指導課 主任

坂東 仁志
対象者と共に喜び
成長できる
作業療法は就学・就労・社会復帰・生きがいづくりなどあらゆる場面に介入します。対象者から教わることも多く、自分自身の成長に繋がることも実感できます。作業療法との出会いに感謝し、その魅力を伝えます。

教育指導課 主任

花棚 雅子
知識・技術・経験を積み
重ねなりたい自分になる
作業療法士の携わる分野は、こころやからだ、子どもから高齢者まで多岐に渡ります。対象者や家族の力になりたいという想いを持ち、知識や技術、経験を積み重ねることによってそれらの分野における「なりたい自分になれる」仕事です。

教育指導課 主任

濱 敬介