学科概要
作業療法学科
「作業療法士」って何?仕事とその魅力
『作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助である。作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。』と定義されています。(社)日本作業療法士協会

作業とは・・・作業には、日常生活活動、家事、仕事、趣味、遊び、対人交流、休養など、人が営む生活行為と、それを行うのに必要な心身の活動を含み、人々ができるようになりたいこと、できる必要があること、できることが期待されていることなど、個別的な目的や価値があります。

[世界作業療法士連盟(WFOT)の認定]
本校は、作業療法士になるために必要な日本基準よりもハードルが高い世界基準を満たしており、作業療法士として、諸外国での就労、留学、研修の際に有利になります。


作業療法学科の特長どんな学科?
  • [1]高度な知識と技術が学べる
    身体・精神・老年・発達の各分野で経験を積んだ専任教員が学生の目線に立ち、基礎から丁寧に指導します。授業によっては、複数の教員が指導を行うので、作業療法に必要な知識を最大限に学ぶことができます。また、障がいのある方をお招きし、実践的に学ぶ授業もあります。
  • [2]短期濃縮型のカリキュラム
    3年制でも内容の濃いカリキュラムが特徴。知識と技術を実際の現場で活かす「臨床実習」の時間は、日本基準より125時間も多く確保しています。それだけ、実践的に学べて早く働けます。また、第一線で活躍されている作業療法士による専門的で高度な授業で卒業してすぐに実践できる技術が身につきます。
  • [3]自分に自信が持てる教育
    心理学をベースとした自己分析を1年次に行い、自分探しのきっかけを作ります。自分が成長するための具体的な目標を考え、行動することを導きます。また、相手の立場に立った柔軟な考え方ができるようになるために、グループワークを多く導入しています。
  • 学習内容
    作業療法学科
    3年間の学び障がいを持った方々の地域生活の力となるために
    主な学び

  • 作業療法士に必要な基礎的な学習を時間をかけて深めていきます。専門的な授業を理解するためには、基礎の積み上げが重要なため、とても大切な学年です。
    基礎的なもの
    解剖学
    生理学
    運動学
    保健医療福祉論
    など
    専門性の高いもの
    作業療法概論
    作業分析学
    身体機能評価学
    精神機能評価学
    生活環境論
    実習授業
    基礎作業学実習
    身体機能評価学
    精神機能評価学
    臨床実習(3日×2回)
  • 1年次で学んだ基礎を振り返りながら、より専門的な内容をじっくりと学びます。また、分野別に臨床実習に向けた対策を実施し、臨床実習に備えます。
    専門性の高いもの
    整形外科学
    神経内科学
    精神医学
    疾患別評価適合論
    身体機能治療学
    精神機能治療学
    発達機能治療学
    高次脳機能治療学
    地域作業療法支援論
    老年期作業治療学
    実習授業
    身体機能治療学
    障害別生活活動支援論
    福祉用具適合論
    臨床実習
    (3週間×2回)
  • 授業の80%が臨床実習となり、今まで学んだ知識と技術を現場レベルに仕上げていきます。また、外部の作業療法士を招いた授業は専門的に学べ、現場ですぐに活かせると学生に好評です。
    専門性の高いもの
    臨床研究
    管理運営論
    臨床作業療法学
    職業関連活動論
    実習授業
    作業療法治療技術
    実践論
    臨床実習
    (11週間×2回)
  • 注目の授業Pick up
  • 実習授業
    普段の生活を車椅子でおくることでどのような不便さがあるのか、工夫すべきところは何かといった障がい者を支える街づくりを学ぶ目的で、徳島市内での車椅子体験を実施しています。
  • 老年期作業治療学
    本講義では治療的レクリエーション学習の一環として、特別体験授業「交流レクリエーション」を実施しています。県内のデイサービスセンターにご協力頂き、学内において学生が実践的に学べる機会を企画・実施しています。
  • 作業療法治療技術実践論
    意識障害や筋力の低下などにより、痰などの排出が困難になった場合に、カテーテルを用いて吸引除去する技術について学習します。吸引に必要な解剖などの基礎知識や、演習を通しての実践的な技法を習得します。
  • カリキュラム
    作業療法学科
    1週間の講義スケジュール(例:2年次 後期)

    作業療法学科 年間スケジュール(カリキュラムマップ)

    単位構成
    体験学習 車椅子バスケ
    本学科では体験型の学習を多く取り入れています。徳島車椅子バスケットボールクラブさんとの交流試合、就労継続支援B型事業所・徳島障害者職業センター見学、保育所実習、病院・老人施設でのボランティアなど。
    臨床実習
    臨床実習は現場での即戦力となる実践力を身につけるために、日本基準より多く実施。実習から帰るころには患者さんやスタッフとの別れがつらくなるほどに。
    教員紹介
    作業療法学科
    先生より、作業療法士を志すあなたに。

  • 教育指導課 課長 学科長
    岩朝 利雄
    作業を通して人を理解する人になろう
    人とこころと作業の関係という視点から他者を理解してゆくことを共に学んでいければと考えています。こころに障がいのある方が主体的に参加できる社会を目指し共に考え実践できる作業療法士を目指しましょう。
  • 教育指導課 係長 学科長補佐
    森口 智恵美
    障がいをもった人を支えたい
    心の病になったというだけで、生まれ育った家に帰れなくなった多くの患者さんと関わってきました。作業療法士は、障がいを持った方に寄り添い、自分らしい生活を取り戻せるように支援できるやりがいのある仕事です。
  • 教育指導課 主任
    小林 温子
    人との関わりを通して自分も成長していける
    作業療法では対象者の生活の場に関わる機会が多くあり、経験を通して人とのつながりの大切さも学べます。作業療法士は対象者が生活で何に困っているかを見つけ、改善する為に関われるやりがいのある仕事です。
  • 教育指導課 主任
    坂東 仁志美
    作業療法士は生きる力を支えるスペシャリスト
    作業療法士は、病気や障がいによって妨げられた生活を再構築していくことを担っています。食事を摂る、入浴するなどの日常的な行為に加え就学や就業、余暇活動など、「その人らしく生きる」ことを支える仕事です。
  • 教育指導課 主任
    花棚 雅子
    対象者と共に喜び成長できる
    作業療法は就学・就労・社会復帰・生きがいづくりなどあらゆる場面に介入します。対象者から教わることも多く、自分自身の成長に繋がることも実感できます。作業療法との出会いに感謝し、その魅力を伝えます。
  • 教育指導課 主任
    濱 敬介
    知識・技術・経験を積み重ねなりたい自分になる
    作業療法士の携わる分野は、こころやからだ、子どもから高齢者まで多岐に渡ります。対象者や家族の力になりたいという想いを持ち、知識や技術、経験を積み重ねることによってそれらの分野における「なりたい自分になれる」仕事です。
  • メッセージ
    作業療法学科
    卒業生からのメッセージ
  • 卒業生 郡 昂さん 医療法人 道志社 リハビリテーション 大神子病院勤務
    作業療法学科 2015年3月卒業 | 徳島県立阿波西高等学校出身
    資格取得に向けてしっかりと学ぶことができた3年間!
    徳島医療福祉専門学校の良い所は、自然に囲まれた静かな環境で資格取得に向けてしっかりと学ぶことができたことです。先生方にはとても熱心に指導して頂き、3年間という短い期間で、資格を取得するための技術や国家試験の対策を教えて頂きました。 また、仲間にも恵まれました。実技練習では共に技術を磨いてお互いに切磋琢磨したり、放課後には図書室で分からないことを教え合ったりと、同じ目標をもった仲間たちがいたからこそ、頑張れたのだと思います。みなさんも、ぜひここで同じ目標をもった仲間たちと充実した3年間を過ごし、作業療法士を目指してください!
    仕事内容
    現在私は回復期病棟で勤務しています。回復期病棟では入院された患者様に在宅へ復帰して頂くことを目標にリハビリテーションを実施しています。患者様のニーズによって訓練内容は様々ですが、主に在宅復帰後に必要となる食事、排泄等の生活動作の獲得を目指して患者様と一緒に訓練を行っています。
  • 在校生からのメッセージ
  • 在校生 矢口 菜奈さん 
    徳島県立富岡西高等学校出身 | 作業療法学科
    オープンキャンパスへの参加がきっかけで入学を決めました。
    私が徳島医療福祉専門学校を選んだのは、オープンキャンパスに参加した際に、先生方の指導に対する熱意や先輩方の楽しそうな姿を見て、私もここで学びたいと思ったからです。また、早く社会に出て人の役に立ちたいと思っていた私にとって、3年で資格が取れるというのも魅力の一つできた。3年制ということもあり、授業の進むスピードが速く、覚えることも多いので大変ですが、周りには同じ目標に向かい切磋琢磨し合えるクラスメイトがいるので、毎日楽しく、充実した日々を送っています。将来は患者さんのことを第一に考え、患者さんに寄り添いながらリハビリテーションを行える作業療法士になりたいです。
    高校生のみなさんへ
    日々の勉強やテストは大変ですが、先生方や先輩は優しく、熱心に指導してくれますし、同じ「作業療法士」になるという目標を持った仲間がたくさんいるので、辛いことも苦しいことも乗り越えられますよ!
    放課後は図書室で勉強会。
    お弁当を持ち寄ってランチタイム♪