建学の理念
人格尊重
リハビリテーション医療の対象となる人たちは何らかの障がいのある人たちであり、この人たちに対する人格の尊重がなければ、良い医療はなりたたない。「最高の医療は患者のために最善を尽くすことである」との強い信念のもと、本校は勝浦の地で開校した。以後、「人格尊重」が本校の建学の精神・教育理念として受け継がれ、本校のリハビリテーシヨン教育の基本理念となっている。 
教育目標
  1. リハビリテーション医療を担う専門職として必要な知識と技術の習得を図るため、精選し、かつ充実したカリキュラムの編成ときめ細やかで柔軟な個別指導を徹底する。また3年制専門学校の特長を生かし、最短の年限で、国家試験  合格を目指し、質の高い医療専門職としての理学療法士及び作業療法士の養成をおこなう。
  2. 臨床の場での豊富な臨床実習などをとおして、専門分野に不可欠な専門的技術や技能とともに人とのコミュニケーション能力や協調性などを培うなかで、即戦力となる実践力ある人材を養う。
  3. 著しい進歩や発展をみせ、高度化・多様化する保健医療分野を担う探求心と向上心を備えた人材の育成に努める。
  4. 法や作業療法の対象になる方々を支え、共に共感できる人間愛に満ちた理学療法士及び作業療法士を育成することをとおして、広く社会の医療・福祉に寄与できる人材を育成する。
3つのポリシー
作業療法学科
アドミッション・ポリシー入学者受け入れに関する方針
  1. リハビリテーションにおける作業療法士の役割や業務の概要を理解した上で、本校の建学の理念及び教育目標に賛同して作業療法学科への入学を希望する者の中から適格者に入学の許可を与える。
  2. 入学者に求めるのは、入学後の修学に必要な基礎学力に加え、リハビリテーションに対する強い意欲や熱意、コミュニケーション能力、表現力、主体性、協調性などの資質である。
  3. 基礎学力を備えているかどうかを審査するため、調査書又は成績証明書、推薦書等を精査するとともに、必要に応じて学科試験を課し総合的に判断する。
  4. リハビリテーションに対する強い意欲や熱意、基本的なコミュニケーション能力、表現力、主体性、協調性などを審査するため、推薦入試、一般入試を含むすべての入試において面接を行う。
カリキュラム・ポリシー教育課程の編成及び実施に関する方針
  1. 厚生労働省による理学療法士・作業療法士養成施設指導要領に基づき作業療法士教育課程における教育分野を基礎分野、専門基礎分野、専門分野に区分した教育課程として編成し、これを実施する。
  2. 本校の建学の理念及び教育目標を具現化するため、ディプロマ・ポリシーとの一貫性と整合性を担保した教育課程を編成し、これを実施する。
  3. 3年間の教育期間において、過重な負担を強いることなく修得できる精選された教育課程を編成しこれを実施する。
  4. 基礎分野では、科学的・論理的思考力を育て、人間性を磨き、自由で主体的な判断と行動を培うとともに生命倫理、人の尊厳を幅広く理解できることを目標に、人文、社会、自然、外国語(英語)、保健体育として12科目(14単位)を配置する。
  5. 専門基礎分野では、人体の構造と機能及び心身の発達を系統立てて理解できるようにすること、健康、疾病及び障がいについて、その予防と回復過程に関する知識を修得し、理解力、観察力、判断力を培うこと、保健医療福祉の推進のために作業療法士が果たす役割及び地域における関係諸機関との調整及び教育的役割を担う能力の育成を目標に、解剖学、生理学、運動学、内科学、整形外科学、神経内科学、精神医学、小児科学、老年学、リハビリテーション医学など18科目(27単位)を配置する。
  6. 専門分野では、系統的な作業療法を構築できるよう、作業療法の過程について必要な知識と技術を修得し、職業倫理を高める態度を養うこと、作業療法過程における作業療法評価(職業関連評価を含む)の枠組みについての知識と技術を修得すること、保健医療福祉とリハビリテーションの観点から、各疾患、各障がいへの作業の適応について知識と技術を修得し、対象者の自立を支援するために必要な問題解決能力を養うこと、家庭生活、地域生活、職業関連生活等における作業行動の形成について、各障がいに即した地域ケア活動を展開するための能力を養うこと、社会的ニーズの多様化に対応した臨床的観察力・分析力を養うとともに、治療計画の立案能力・実践力を養うこと、学内における臨床演習を行った後に、各障がい、各病期、各年齢層を偏りなく臨床実習を行うことを目標とし、基礎作業療法学として4科目(7単位)、作業療法学評価学として6科目(7単位)、作業療法治療学として11科目(20単位)、地域作業療法学として4科目(4単位)、臨床実習として(23単位)を配置する。
  7. 上記に基づき各学年に配置した課程は、次学年の課程に段階かつ連続的に展開するものとして編成し、これを実施する。
  8. 本校に設置した教育課程編成委員会の指摘や助言並びに関連業界等のニーズ等を反映した教育課程を編成し、これを実施する。
ディプロマ・ポリシー養成人材像及び卒業の認定に関する方針
  1. リハビリテーション医療の対象となる人たちに対する「人格尊重」がなければ、良い医療は成り立たない。「最高の医療は患者のために最善を尽くすことである」との本校の教育理念及び教育目標に基づき、3年制専門学校としての特長を生かし、最短の年限で、リハビリテーション医療を担う専門職としての質の高い作業療法士を養成する。
  2. 作業療法士として必要不可欠な知識や専門的技術及び技能の修得を図るとともに、コミュニケーション能力や協調性などを培うなか、基本的な作業療法については独立して実施できることを到達目標とし、即戦力となる実践力ある人材を育成するとともに、高度・多様化する保健医療福祉分野を担う探求心と向上心を備えた人材を育成し、広く社会の医療・福祉に寄与できる人材を育成する。
  3. 理学療法士及び作業療法士法並びに理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則を遵守し、学則第4章に定める教育課程(作業療法学科にあっては基礎分野14単位、専門基礎分野27単位、専門分野61単位:合計102単位)における授業科目の単位を取得した者に対し、学則第5章卒業等並びに成績評価、進級及び卒業に関する規程に従い卒業を認定する。
3つのポリシー
理学療法学科
アドミッション・ポリシー入学者受け入れに関する方針
  1. リハビリテーションにおける理学療法士の役割や業務の概要を理解した上で、本校の建学の理念及び教育目標に賛同して理学療法学科への入学を希望する者の中から適格者に入学の許可を与える。
  2. 入学者に求めるのは、入学後の修学に必要な基礎学力に加え、リハビリテーションに対する強い意欲や熱意、コミュニケーション能力、表現力、主体性、協調性などの資質である。
  3. 基礎学力を備えているかどうかを審査するため、調査書又は成績証明書、推薦書等を精査するとともに、必要に応じて学科試験を課し総合的に判断する。
  4. リハビリテーションに対する強い意欲や熱意、基本的なコミュニケーション能力、表現力、主体性、協調性などを審査するため、推薦入試、一般入試を含むすべての入試において面接を行う。
カリキュラム・ポリシー教育課程の編成及び実施に関する方針
  1. 厚生労働省による理学療法士・作業療法士養成施設指導要領に基づき理学療法士教育課程における教育分野を基礎分野、専門基礎分野、専門分野に区分した教育課程として編成し、これを実施する。
  2. 本校の建学の理念及び教育目標を具現化するため、ディプロマ・ポリシーとの一貫性と整合性を担保した教育課程を編成し、これを実施する。
  3. 3年間の教育期間において、過重な負担を強いることなく修得できる精選された教育課程を編成しこれを実施する。
  4. 基礎分野では、科学的・論理的思考力を育て、人間性を磨き、自由で主体的な判断と行動を培うとともに生命倫理、人の尊厳を幅広く理解できることを目標に、人文、社会、自然、外国語(英語)、保健体育として12科目(14単位)を配置する。
  5. 専門基礎分野では、人体の構造と機能及び心身の発達を系統立てて理解できるようにすること、健康、疾病及び障がいについて、その予防と回復過程に関する知識を修得し、理解力、観察力、判断力を培うこと、保健医療福祉の推進のために理学療法士が果たす役割及び地域における関係諸機関との調整及び教育的役割を担う能力の育成を目標に、解剖学、生理学、運動学、内科学、整形外科学、神経内科学、小児科学、老年学、リハビリテーション医学など19科目(27単位)を配置する。
  6. 専門分野では、理学療法の枠組みと理論を理解し、系統的な理学療法を構築できる能力とともに、職業倫理を高める態度を養うこと、理学療法における評価の枠組みを理解し心身機能と構造の評価に関する知識と技術を修得すること、障がい予防と治療の観点から種々の障がいに必要な知識と技術を修得すること、患者及び障がい者の地域における生活を支援していくために必要な知識や技術を修得し、問題解決能力を養うこと、社会的ニーズの多様化に対応した臨床的観察力・分析力を養うとともに、治療計画の立案能力・実践力を養うこと、学内における臨床演習を行った後に、各障がい、各病期、各年齢層を偏りなく臨床実習を行うことを目標とし、基礎理学療法学として8科目(10単位)、理学療法学評価学として3科目(5単位)、理学療法治療学として19科目(22単位)、地域理学療法学として3科目(3単位)、臨床実習として(19単位)を配置する。
  7. 上記に基づき各学年に配置した課程は、次学年の課程に段階かつ連続的に展開するものとして編成し、これを実施する。
  8. 本校に設置した教育課程編成委員会の指摘や助言並びに関連業界等のニーズ等を反映した教育課程を編成し、これを実施する。
ディプロマ・ポリシー養成人材像及び卒業の認定に関する方針
  1. リハビリテーション医療の対象となる人たちに対する「人格尊重」がなければ、良い医療は成り立たない。「最高の医療は患者のために最善を尽くすことである」との本校の教育理念及び教育目標に基づき、3年制専門学校としての特長を生かし、最短の年限で、リハビリテーション医療を担う専門職としての質の高い理学療法士を養成する
  2. 理学療法士として必要不可欠な知識や専門的技術及び技能の修得を図るとともに、コミュニケーション能力や協調性などを培うなか、基本的な理学療法については独立して実施できることを到達目標とし、即戦力となる実践力ある人材を育成するとともに、高度・多様化する保健医療福祉分野を担う探求心と向上心を備えた人材を育成し、広く社会の医療・福祉に寄与できる人材を育成する。
  3. 理学療法士及び作業療法士法並びに理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則を遵守し、学則第4章に定める教育課程(理学療法学科にあっては基礎分野14単位、専門基礎分野27単位、専門分野59単位:合計100単位)における授業科目の単位を取得した者に対し、学則第5章卒業等並びに成績評価、進級及び卒業に関する規程に従い卒業を認定する。